憧れの〝お父さん〟





僕の父親は日本人











※小猿とは言わせないよ?






小さい頃の僕に映るお父さんは


絵が上手で、物創りが上手くて、大きな背中に力こぶがかっこよくて…


絵の描き方

物の創り方

倒立のやり方

前周り受け身のやり方…


想えばオモロイことをたくさん教わりました…


中でも特に色濃く覚えてるのは


・海で溺れた時にどうすればいいか

(正解:泳がずに浮く。なので、海に言ってる時は必ずって行っていい程その浮き方を教わったw)


・口の中でそうやってマッチの火を消すか+なぜ消えるかの原理

(正解:酸素と燃焼の話)


・誰かに襲われた時にどうやって対処するか?!





具体的に言うと…






















指の折り方www












 ※未だに使ったことありませんので悪しからず。





とにかく、ちょっと変わったお父さんに思われるかも知れないけど


今思えば、生きる知恵をたくさん教わったなぁと想う



そんなお父さん


滅多に怒らないけど…起こると鬼よりも怖くて…




※未だに鬼に遭遇した事ないけど悪しからず。





戦後生まれで食べ物に苦労してるから、こと食べ物に関しては厳しかったなぁ


嫌いななすびを何気なくゴミ箱に捨てたら一瞬でバレてw


あの時は激怒プンプン丸だったなぁ…




後は成績が悪すぎて怒られたこともw




未だにぶつかる時は結構ぶつかる




僕が背中に太陽を刻む決意をした時も大モメしたなぁ




なんやかんや価値観のズレは否めないし



どーなってんねん!って想うこともあるけど





でも、最終的には必ず味方になってくれる





そんなお父さんです






年を取るにつれて、自分の中にいるお父さんを感じる事がある



仕草とか


言い方とか


態度とか


相槌とか





理屈っぽくて皮肉っぽいところとかw





書いてて良いことだらけやんって想ったけど


国際結婚の間で生まれてエライ苦労も多かったし

責める部分を見出そうと想えばいくらでもある


だけど、やっぱり憧れてる部分ってあるよね


あのズッシリ感、見守る忍耐、いざって時は動く行動力、ストイックさ



良い所も悪い所もひっくるめて〝 憧れのお父さん 〟だな。





感謝してるよ



毎日健康でありますように





♯ONE LOVE

Danilo Tsuyoshi







ダニーロ・強の軌跡

スペイン、イタリア、ポルトガル、ブラジル、日本の血を受け継いで ブラジルで生まれ育つ 11歳で日本デビュー 19歳で和太鼓の修行 21歳でバンド結成 25歳で鬱になる 28歳で定職を手放す 30歳で淡路島へ移り住む 32歳で呼吸法に命をかけると決断する 33歳で上京 ちょっと変わったダニーロ・強の人生の中で気付いた事、想いを綴るブログ

0コメント

  • 1000 / 1000